プロフィール

1978年から今日にいたるまで、ソフトウェアアーキテクト、そして開発者として、絶えず「より良いユーザ工クスペリエンスの構築」に取り組んできた。人生のほとんどを、ソフトウェアをデザインするととと、ソフトウェアを作ることに費やしてきた結果、難しい問題に対して現実的な解を提示することが、もはや彼にとっては日常の当たり前の仕事になっている。ハイテク好きであるととはもちろん、大の読書家でもあり、特に対象が難解なものを好む傾向にある。『ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと』(オライリ一)の寄稿者でもある。JavaOne 2008、また2007年、2009年のIASA(International Associationof Software Architects)のITアーキテクチャリジョナルカンファレンスでは、「より良いユーザエクスペリ工ンスの構築」をテーマに講演をしている。その他、IASA Skills Library向けに、ユーザインターフェースデザインとユーザ工クスペリエンスの無視できない関係をテーマにした論文も書いている。

エッセイ

  1. テスト担当者はプログラマの友人
  2. いったんコンピュータから離れてみる