プロフィール

長年、ソフトウェア開発に携わり、生命維持システム、国際プロジェクト、フレームワーク、ソフトウェア製品など、多種多様な仕事を経験してきた。制約のある状況の中で、アジャイル開発手法を使い、いかに優れた製品を作り上げるか、ということに挑戦したとともある。ソフトウェアシステムに起きる様々な問題の診断と解決に関して数多くのドキュメントを書いている。これは、技術、人、プロセス、組織が相互に与え合う影響について強い関心を持って調査をしてきた成果である(http://www.sustainable-architecture.eu)。その他、パターンを書くこと、カンファレンスのセッションを運営することなどにも注力している。カンファレンスに力を入れるのは、自分の世界を広げるため、ソフトウェア以外のととにも目を向けるためである。詳しくはサイト(http://www.kmarquardt.de)を参照。

エッセイ

  1. いろいろな言葉を学ぶ
  2. 「その場しのぎ」が長生きしてしまう