プロフィール

開発者であり、コラム等の執筆、講演なども積極的に行っている。自らの役割を1つに限定することなく、ソフトウェア開発に関わるあらゆる仕事に取り組む。参加するプロジェクトも多岐にわたり、使用する言語も多数にのぼる。プログラミングの講師、メンターでもあり、ACCUの雑誌「CVu」(http://accu.org)で「プログラミングにおけるプロフェッショナリズム」というコラムを連載している。著書「Code Craft エクセレントなコードを書くための実践的技法」(鵜飼文敏 他監訳、毎日コミュ二ケーションズ、原著「Code Craft」No Starch)は、プログラミングの様々な側面について追及した本で、実用的であると同時に読んで楽しく、好評を得ている。彼は常に優れたバグのないコードを書くよう努力を重ねているが、それは、子供たちと過ごす時間を増やすためでもある。大の力レ一好き。靴を履かず、いつも裸足で過ごす。ブログ(http://www.goodliffe.net)も参照のこと。

エッセイ

  1. 余分なコードは決して書かない
  2. 良いプログラマになるには
  3. エラーを無視するな