プロフィール

HSRラッパースウィルソフトウェア研究所の教授であり、理事長である。『ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系』(金沢典子 他訳、近代科学社、原著「Pattern-Oriented Software Architecture Volume 1」Wiley)、「Security Patterns」(Wiley、和書未刊)の共著者。長期的な目標は、でクリメンタル開発(Decremental Development)によってソフトウェアをシンプルなものにすること。デクリメンタル開発とは、リファクタリングを通じてアーキテクチャ、テスタビリティ、品質、機能を向上させ、同時のコードサイズを10%にまで小さくすることである。

エッセイ

  1. 真実を語るはコードのみ